当ブログについて

大人の美学 ブログ開設目的

昨今、ネットやTV、雑誌、書籍などで様々な情報を入手できるようになりました。これは素晴らしい体験だと思います。一方で、あまりにも情報が多くなりすぎて処理しきれない状況も生まれてきています。

どの業界にも『専門家』と呼ばれる先生方がおられます。ただ、その専門家の間でも意見が2つに分かれ、どういう事象においても賛否両論です。テクニックレベルで言えば、次から次へと新手法が出てきます。専門家でも意見が分かれる内容を、一般人が正しく選択するにはどうすれば良いのか?

情報過多と同時に、その処理能力と正しい選択が一般人には求められるようになりました。

TVや雑誌などは基本的には利潤目的で行われています。会社組織ですので当然、利益も必要ですが、視聴率や購買数を意識するあまり、正直、そういう情報まで必要ないのでは?という内容まで配信しないといけない状況に陥っています。

情報の中には信憑性に欠ける内容であっても、専門家を使い、あたかも真実かのように配信していることもあります。こういう情報を元に何かを行っても、特に効果があるわけでもなく、ユーザーは時間や労力だけが浪費されていきます。

人生は長いようで、アッという間に寿命を迎えてしまいます。本来はそういう所に時間を割く必要もないのに、解決できないのでいつまでもそこで停滞して次に行けない。人生がこういう状況に陥っている方が多いように感じています。

こういう背景もあり、当ブログでは『より良い人生を歩みたい人向け』にコンテンツを厳選し、且つ最高峰のクオリティを追及して配信していきます。

何か悩んでいることがあれば、どうすればそれを解決できるのか? ストレスフリーの人生を送っている人は密かにどういう点を意識して生活しているのか? 具体的な手法もさることながら、物事の考え方や対処の仕方なども共有していきます。

ちなみに、当ブログは女性用や男性用の記事も含まれますが、基本的には男女共に役に立つコンテンツを配信していきます。

大人の美学とは?

大人の美学の定義は『年齢を重ねても、ストレスなく、心身ともに健康的で美しく、仕事もプライベートも充実し、共に助け合い、分かち合い、すべてを愛する生き方を学び、実践していくこと』です。一言で表すと『美しく生きる』ということになります。

本来、人生には明確な目的があり、日々の生活の中で様々な体験をしながら目的を達成していくシナリオになっているのですが、ここが曖昧になっているがために、軸が定まらず、右往左往する人生になっています。

どの分野においても、超一流と言われている方々は、意識する、しないに関わらず、この美学をベースに生きておられます。当ブログは、その学びの場となるよう、必要不可欠なエッセンスをシェアしていきます。

大人の美学で最も大切なこと

大人の美学の本質は、知識を身に付けることではありません。『実践していく』ことです。多くの人は考えすぎることで物事を停滞させる傾向にあります。動きがないと、それは悩みになります。

この癖によって自ら悩みを作り出してしまっているのです。

その時点で100%の案ではないとしても、とりあえずそれをやっておく。そうすることで動きが出てくるので悩みにはならず、ただのプロセスという状態に持っていけます。

もちろん納得した上で実行に移すという前提はありますが、『即実行』。その時、その場で動きを創り出す。この1点を意識するだけでも変わっていきます。ここが最も大切なポイントになってきます。

できる人がやっている習慣

世の中で『できる』と言われている方々がやっている習慣の1つに『シェアする』というものがあります。相手の幸せを願い、良いものは分かち合っていくということですが、これは『出したものが還る』という宇宙の法則でもあります。

こういう情報・内容を書籍にしたり、有料の会員制ブログにして出せば、お金は入ってきますが、知恵が入って来なくなります。出すことでお金を受け取ってしまうと、それ以上は入ってこないからです。

お金も生活費プラスαは必要ですが、人生においてはそれよりも智慧の方が大切になってきます。

これまで実践を通して蓄積してきた知恵を無料で分かち合うことで、更に素晴らしい知恵や体験をすることができ、それをまたシェアできるという循環が生まれます。

こういう理由で、当ブログでは、良いものは分かち合おうという精神で無料配信することに決めました。無料であっても妥協することなく、最高峰のクオリティを追及してコンテンツをシェアしていきます。我々も、どれだけこのシェアという習慣が大切なことかは十分理解していますので。

最後に・・・

当ブログの補完として、TwitterやFacebookも開設しています。ブログの更新情報に加え、ブログと重複する内容もあるかと思いますが、それぞれで独自の内容も投稿していく予定でいます。よろしければ、SNSの方もフォローして頂けたら幸いです。

それでは、長文になりましたが、最後までお読み頂いて感謝しています。これからもよろしくお願い致します。

この記事の著者

編集長

専門分野:教育・IT・経営マーケティング・美容・健康

この著者の最新の記事

コメント
  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。